本文へスキップ

よくある質問FAQ

ご購入について

Businessライセンスに限り可能です。
詳しくは下記ライセンスページをご確認下さい。
[ ご購入 ] - [ ライセンスについて ]
可能です。
個人であっても営利目的にSocketDebuggerシリーズをご利用になる際にはBusinessライセンスをご購入頂く必要がございます。
詳しくは下記ライセンスページをご確認下さい。
[ ご購入 ] - [ ライセンスについて ]
申し訳ございませんが、必要な個数を満たす物を選択してご購入下さい。
ただし、ライセンス価格表に記載されている個数よりも多くのライセンスが必要な場合に限り下記お問合せフォームよりご相談下さい。個別に御見積り致します。
[ サポート ] - [ お問合せ ]
申し訳ございませんが、現状はダウンロード販売のみとなっております。
申し訳ございませんが、原則ご購入頂いたメジャーバージョンでのみご利用頂けます。
不具合対応等によるマイナーバージョンアップ版に関しましては、ご購入頂いたライセンスでご利用になれます。
詳しくは下記ライセンスページをご確認下さい。
[ ご購入 ] - [ ライセンスについて ]
下記お問合せフォームよりご相談下さい。
[ サポート ] - [ お問合せ ]

製品について

申し訳ございませんが、日本語版のみをサポートしております。
他言語版でも起動することは可能ですが文字化けが発生します。
詳しくは下記動作環境ページをご確認下さい。
[ 製品概要 ] - [ 動作環境 ]
可能です。
ただしWindows上でCOMポートとして認識できるものに限ります。
Windows Vista以降のOSでパケットキャプチャ機能をご利用になるためには、SocketDebuggerを管理者権限で起動する必要がございます。
その他、管理者権限が必要な機能は下記動作環境ページをご確認下さい。
[ 製品概要 ] - [ 動作環境 ]
Windows Vista以降のOSでファイルの関連付けをご利用になるためには、SocketDebuggerを管理者権限で起動する必要がございます。
その他、管理者権限が必要な機能は下記動作環境ページをご確認下さい。
[ 製品概要 ] - [ 動作環境 ]
使用可能です。
64Bit(x64)環境で実行した場合はWOW64によって動作することを確認しております。
動作可能な環境は下記動作環境ページをご確認下さい。
[ 製品概要 ] - [ 動作環境 ]
一度通信を終了し、再度通信を開始して下さい。
Luaスクリプトエディタの内容は通信開始時に読み込まれます。
バージョン:5.1.2で作成できることを確認しております。
利用可能です。
ただし、ご購入頂いたライセンス単位数を超えた台数のPCで同時にアクティベーション登録することは出来ません。
その場合は一度アクティベーションを解除して頂いた上で、別PCでのアクティベーションを行ってください。
[ ご購入 ] - [ ライセンスについて ]
製品のアクティベーションおよび解除は本製品を管理者権限で実行した状態でおこなってください。それでも改善しない場合はお手数をお掛けしますが下記お問合せフォームよりご相談下さい。
[ サポート ] - [ お問合せ ]
PLCがTCPやUDP接続、シリアル通信等のプロトコルをサポートしていれば可能です。
また、そのような場面でご活用頂いているというお話も良くいただきます。
ポート番号等、詳しい接続設定は各メーカーのマニュアル等を参照下さい。

バナースペース