UDOMロゴ
ソケット通信のプログラム開発と試験業務をサポートする通信試験支援ツール
SocketDebuggerシリーズとは

SocketDebugger SocketDebuggerFree SerialDebugger
SocketDebuggerシリーズはソケット通信、シリアル通信(rs232c)
プログラム開発・試験業務を支援するツールです。

●ソケット機能
●シリアル機能
●パケットモニタ機能
●共通機能

通信プログラムの作成、システムのデータ投入のパートナーとしてご使用下さい。

SocketDebuggerの特徴
●使いやすいインターフェース
サブウィンドウにはドッキングウィンドウを採用しました。
  「送信データエディタ」
  「詳細ログデータ」
  「接続状況」
  「送信データエクスプローラ」
  「COM制御ウィンドウ」
ユーザのお好みにあわせて配置、ご使用ください。色なども設定可能です。
パケットキャプチャは専用別ウィンドウでわかり易く表示します。
●通信履歴
ウィンドウのメインは通信履歴、ネットワークの接続、切断、異常発生時のエラー、送信、受信データを時系列で一覧表示します。
詳細な情報は「詳細ログデータ」ウィンドウに表示されます。データの保存/読出も可能。
●送信データエディタは本格的なバイナリエディタ
送信データエディタには本格的なバイナリエディタ機能を設けました。
送信データ作成が詳細に行えます。ASCII表示部はASCII入力も可能。UNDO機能も設置。
また、ファイルの保存、読み込み、ファイルドロップによる読み込みが可能です。
テキストデータ入力サポート機能も設置。
●通信設定
通信・シミュレーションの多彩な設定が可能。
設定したデータは保存しておけば、設定ファイルのダブルクリックで起動。
一度設定を作成すれば次の試験も簡単に実行可能です。
通信設定ファイルを送信すれば他社での通信シミュレーションも行えます。
●複雑な応答処理はプラグインで追加可能
システムで使用する複雑な応答処理も、dllプラグイン機能で実現可能。
簡単な応答dllを作成することで、無限のシミュレーションが可能です。
Dll内で設定画面も作成でき、設定データは通信設定と共に保存されます。
●フリー版[SocketDebuggerFree],[SerialDebugger]を用意
フリー版を併用すれば、SocketDebugger未購入の人による通信テストも可能。
通信設定を作成して、フリー版と共に相手に送信。受けた相手はもらった設定で動作可能です。
結果ログファイルを送ってもらえば通信結果の確認も行えます。

こんなときにご使用ください
●通信プログラム開発
通信プログラムの開発時、テスト用に接続相手が必要となります。
そのような場合にSocketDebuggerに通信の相手をさせてください。
簡単な通信の設定、送信データの設定で複雑なプログラム開発を強力にサポートします。
これからの通信テストの新定番ソフトです。
●システムシミュレーション
通信を使用したシステム開発でSocketDebuggerは通信相手のシミュレーションを行います。
通信の設定だけでユーザが開発するシステムのデータ投入、応答処理を行います。
複雑な応答処理も、応答プログラム部分だけを簡単にdllで作成、追加が可能。幅広いシステムシミュレーションに対応できます。
複数企業で開発しているシステムの通信テストも、設定を作成して、その設定をメールで送信。
フリー版SocketDebuggerを使用して通信の シミュレーションが他社でも可能となります。
●通信データ解析サポート
パケットキャプチャで通信データを取得、解析。さらに、その動作をSocketDebuggerでシミュレート。
相手システムの様々な挙動を調査できます。
●ネットワーク異常解析(1)
システムのネットワークで異常が発生した場合の解析。
SocketDebuggerなら簡単に接続先を選択し、接続テスト、異常が発生する場合のエラー要因の抽出が可能。
システムの異常要因を早期に発見できます。
●ネットワーク異常解析(2)
インストール不要なSocketDebuggerを利用してIP層以上のパケットキャプチャで実際の送受信データを解析。
通信異常原因の迅速な特定を支援します。
別ソフトで収集したパケットキャプチャログファイルも有名フリーソフトEthereal形式に変換すれば読み込み可能!
収集データからそのまま送信データとすることができます。
●LANとシリアルの相互交換
LANとシリアルの同時処理でLANのデータをシリアルに、シリアルのデータをLANにと相互交換(メディアコンバータ的動作)が
可能です。 シリアル機器の開発にも是非お使いください。
●シリアル制御機能
詳細なシリアル制御機能により多彩なテストが可能です。